スポンサードリンク


お見合いえとせとらサイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お見合いえとせとらサイトトップ >お見合いとマナー >>お見合い結婚とマナー

お見合い結婚とマナー

恋愛結婚が主流になっている昨今、お見合いに対するイメージは恋愛結婚に比べて

なんだか古臭いイメージがあり、なぜかお見合いするって聞くと抵抗感があるものです。

そんなお見合いも最近は伝統にこだわらず気軽に行なわれるようなってきているように思います。

まあそんなお見合いなんですが、なにがキッカケである日突然お見合い話しが舞い込むでくるかも
知れません。そこでお見合いのマナーについて知っておいても損はないでしょう。

スポンサードリンク


お見合いを依頼する場合は一般的に親戚や知人などがありますよね、
会社の上司や恩師など本人のことをよく知っていて人脈が広く信頼の厚い人がいいでしょう。

お見合いを依頼する場合は本人が直接出向いてお願いするのもマナーの一つです。
その際は結婚する相手の条件や結婚観なども話しておけばよりベターでしょう。

お見合いをするこたが決まったらまず必要なのが写真です。
次に履歴書に自己紹介書、それに家族書を用意します。

家族書は親族書ともいいますが、結婚に際して当人の家族と親族をそれぞれ紹介するものです。
文字を書くのが苦手なひとも必ず本人の直筆で書くことが基本とされています。

まずは写真ですが、写真屋で撮った正式な写真が1枚、それと旅行などで撮った
スナップ写真2枚ほどを用意します。

写真の裏には住所、氏名、撮影年月日、撮影場所を記入します。

次に履歴ですが、本人が書くのは当たり前ですよね。和紙の便箋に楷書で書くのが習わしです。
縦横どちらの書き方でもいいようですが、縦書きのほうがよりベターなようです。

自己紹介書は身長や体重に趣味や特技などを記します。

次にお見合いを勧められたらどのようにすればいいのでしょうか?

一番大事なのは自分が結婚する意志があるかどうかですよね。

相手から書類を受け取ったらお見合いを受ける受けないにかかわらず
1週間以内に返事をするのがマナーになっています。
断る場合は書類は返しましょう。

お見合いを決断したら日取りや場所を決めないといけません。

日取りは両都合を聞きながら紹介者が日取りを決めますが、
一般的には休日の午後がいいでしょうね。

いきなり会って食事ってのもなんだか緊張して食事も喉を通らないので軽くお茶をしながらってことに
なるでしょうね。

お見合いの場所も決定権は女性の意見を優先することが多いようです。

お見合いといっても実に色々と準備があるんですね。
いや~正直、邪魔臭いもんです。

でも一応のマナーやルールは憶えておいても損はしないでしょう。




★このサイトでよく検索されているキーワードです。
お見合と恋愛の違
結婚の利点
お見合い 体験談 ブログ
お見合いパーティー 理由
お見合い結婚 体験談

スポンサーサイト

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。